流行のファッションを美しい肌できれいに着たり、毎日のお手入れのわずらわしさから解放されたりすることで人気がある脱毛は、肌が弱い人でも受けることができる安全性の高い方法が主流になっているため、若い人から年配の人まで幅広い年代の人に人気があり、大流行しています。脱毛をするときには、美容皮膚科や美容外科などの美容系のクリニックかサロンから選ぶことになります。どちらも、毛根の毛を作る役割を果たしている細胞に光のエネルギーでダメージを与えるという脱毛の仕組みは同じで、施術後1週間から10日ほどで、光によってダメージを受けた毛が抜けることも同じです。

クリニックとサロンの脱毛の違いは、使うことができる光の強さです。医師の管理のもとで、診察や万が一の時の対応がするにできるクリニックでは、毛を作る働きがある毛根周辺の細胞を破壊できる強いパワーの光を使うことができるため、細胞が破壊された毛根からムダ毛が生えてくることはなく、永久脱毛をすることができます。

一方、サロンでは、医師がいなくても安全に使うことができる強さの光を使うため、クリニックに比べると光のパワーが弱く、毛を作る細胞を破壊することはできません。サロンでは、永久脱毛をすることはできませんが、毛根の働きを弱めることができるため、ムダ毛が生えにくくなったり、柔らかく細い毛質になったりすることが多いため、施術を何度も受けることで、ムダ毛が目立ちにくいなめらかな肌になることが期待できます。