脱毛をすると、その個所は熱を持ち炎症を起こしている状態になります。そのため美容サロンでも自宅でも脱毛をした日はぬるめのシャワーにしたり紫外線に浴びないように長袖を羽織る等の注意が必要になります。

しかし当日だけ気を付けるのではなく、この様なことは翌日にも気を付けることが必要です。特に脱毛した箇所が翌日も熱を持っている状態のまま放置しておくと肌に赤みを帯びたりニキビのような跡が残ったり、酷い場合は火傷のような跡が残ったりと肌トラブルを引き起こす可能性があるため、施術した箇所が熱を持っているかどうかを確認することが必要です。仮に熱を持っている場合は冷やすことが大切になるので、保冷剤を綿製の布にくるんで施術した箇所を冷やしたりしましょう。

熱が出た時におでこに貼るタイプの冷却ジェルですと、脱毛後で敏感になっている肌には刺激が強く、貼ることで肌トラブルを引き起こす可能性があるため、使用することは止めて下さい。仮に赤みが治まらなかったり施術した箇所が痒くなったりと何かしらの症状が強く出て心配な場合は、脱毛の翌日だとしても皮膚科などの医療機関を受診し、診察すると安心できるかもしれません。

美容サロンや美容外科などで行う脱毛はアフターケアがあるため安心できると思うかもしれませんが、その後の肌トラブルを回避するためにもホームケアもしっかりと行うことが大切です。アフターケアを人任せにするのではなく、自身もしっかりと忘れずに行いましょう。